剣道の胴打ち完全ガイド【基本の打ち方から実践の技まで徹底解説】

各種技解説

剣道好き「胴打ちを使いたい!」「胴打ちが苦手!」

という方向けに、剣道の胴打ちの基本から応用の技まで細かく解説していきます。

この記事を書いている私は

  • 剣道歴15年以上
  • 現在は子供たちに指導など

という経歴なので、実践的かつ分かりやすく、解説していきます。

剣道の胴打ち完全ガイド

この記事では、大まかに以下の4つについて説明していきます。

  • 基本の胴打ちの打ち方
  • 実践での使い方
  • 返し胴の解説
  • 抜き胴の解説
自分の知りたい事・レベルに合わせてご覧ください。

剣道の基本の胴の打ちの方コツ

まずは、胴打ちが苦手な人向けに、基本の打ち方について解説します。

胴打ちが苦手な人は

  • 胴打ちが当たらない
  • 打ちが深く(浅く)なってしまう
  • 打突音が悪い

このような悩みをお持ちの方が多いと思います。

特に胴打ちの打突自体に悩みがある人は

胴をしっかり見ながら打突をしましょう!

小手打ちなどと違い、胴打ちは見る事によるメリットが多く、これを意識するだけで大きく変わるかと思います。

おすすめの胴の打ち方

胴打ちがかなり苦手だった私は、下のような打突を意識したらできるようになりました!

右足を出す→胴を打つ(ほぼ同時に左足を引き付ける)→抜ける

一般的な胴打ちと少し異なる点は、右足を出すのと、胴を打つのは別タイミングというところです!

この打ち方の解説+苦手な人向けの細かな解説は下の記事にまとめてあります。
>> 剣道の基本の胴の打ち方のコツを徹底解説【苦手な人向け】

剣道の胴打ちを実践で使うために

基本の胴打ちがある程度できるようになったら、実践で狙っていきましょう。

この際に、特にポイントになるのが以下の2つです。

  • 胴技の練習・会得
  • 狙い方を覚える

順番に説明していきます。

剣道の胴技の練習・会得

実践で胴打ちを使う上で一番重要な事は、技を練習するということです!

基本はもちろん大事ですが、胴打ちに関しては「基本打ちで行う打突」と、「実際審査や試合で使う打突」には大きな差があります。

簡単に言うと

実践では、ほぼ100%技として打っているのです。

具体的な例

  • 飛び込み胴
  • 普通の引き胴

のような、基本打ちで行う打突を、実践で使う事が非常に少ないです。

反対に、下のような「胴技」を使うケースはとても多いです。

  • 返し胴
  • 抜き胴
  • 崩して引き胴

このように、実践での胴打ちは「技」が重要になってきます。

基本打ちの胴ができるようになったら、バンバン技練習をしましょう!

剣道の胴打ちの狙い方を覚える

「技」が重要とお伝えしましたが、実践で決めるのは簡単な事ではありませんよね。

ここでは、胴技を決めるためのコツを紹介していきます。

具体的には以下の2つがポイントです。

  • 読み合いを覚える
  • 胴を決めるための行動

読み合いを覚える

読み合いというのは「相手が何を打ってくるか予測する事」です。

剣道ではついつい、自分が打ちたい技を打突しがちですが、相手の打ちたい技を捌くというのが重要です。

読み合いの詳しい説明やコツに関しては、下の記事をご覧ください。
>> 剣道が上手くなるには読み合いの理解が必須です【強くなれる】

胴を決めるための行動

まず第一に、「胴を警戒させない」というのがポイントです。

相手が「返し胴・抜き胴は警戒しておこう」という考えの時には特に1本取るのは難しいです。

他の応じ技にも言えることですね。

本当に狙いたい技は打たない・バレないようにするのが重要です。

よくある場面

特に小中学生に多いのですが、胴打ちが好きな子は、試合中に何度も狙いに行きます。

1度目は相手の不意をつけて、惜しい打突になるかもしれませんが、2回目以降は必ず相手は警戒するのです!

その結果、1本も取れずに終わる事もあります。

つまり、打ちたい技をいかにして狙うか、というのが非常に重要なのです。

剣道の胴技のコツ

では、最後に実践で使える胴技のコツを解説をしていきます。

具体的には

  • 返し胴のコツ
  • 抜き胴のコツ
  • 返し胴と抜き胴の使い分け

の3つについて説明していきます。

剣道の返し胴のコツ

胴技の中でも、一番狙う場面が多いのが「返し胴」です。

私もそうでしたが、基本の胴打ちは良いけど、返し胴になると

  • 胴が間に合わない
  • 上手く当たらない

なんて悩みが多かったです。

昔は本当に苦手でした(笑)

しかし、下の3つのコツを意識した結果、今では積極的に狙う技になってます。

  • 打つ前の準備のコツ
  • 面の受け方のコツ
  • 胴をとらえるためのコツ

具体的な返し胴のコツの解説は、画像付きで下の記事で解説しています!
>> 剣道の返し胴の打ち方と決めるコツ【苦手な向けに徹底解説】

剣道の抜き胴のコツ

抜き胴に関しては、あまり使う方が多くない印象です。

しかし、使うべき場面というのは確実にあります。

また、打突自体のコツは返し胴とほぼ同じなので、どうせなら練習してみましょう。

返し胴と抜き胴の使い分け

私なりの使い分けとしては

  • 相手の面が遅いと感じれば抜き胴を狙う
  • 相手の面が早いと感じれば返し胴を狙う

このような感じです。

この使い分けや抜き胴のコツについては下の記事にまとめています。
>> 剣道の抜き胴のコツを徹底解説!【返し胴との比較あり】