剣道で礼儀を大切にする理由を徹底解説【学科問題対策あり】

剣道雑記

剣道好き「剣道で礼儀を大切にする理由を知りたい!」
「学科の問題の参考にしたい!」

という方向けに、剣道で礼儀を大切にする理由について細かく解説していきます。

この記事を書いている私は

  • 剣道歴15年以上
  • 現在は子供たちに指導など

という経歴なので、分かりやすく説明していきます!

剣道で礼儀を大切にする理由を徹底解説

剣道では「礼に始まり、礼に終わる」という言葉があり、多くの場面で礼儀が重視されます。

結論から言うと、剣道で礼儀を大切にする理由は

相手を敬う心を持ち、自身が成長するためです。

アバウトで分かりにくいと思うので、具体例をあげると

  • 相手への感謝
  • 闘争心を抑える
  • 自己の成長

の3つが重要なポイントです。

相手への感謝を礼儀で示す

まず、剣道の礼儀の意義として、相手への感謝を表すという事があります。

感謝といっても、ピンとこない方も多いと思います。

感謝も細かく分けると3つになります。

  • 稽古相手としての感謝
  • 打たせてもらう感謝
  • 打ってもらう感謝

順番に説明します。

稽古相手としての感謝

剣道の稽古は相手がいなければできない競技です。

素振りや打ち込み台も有効ですが、実際に打突する事・打突される事で得るものは大きいです。

つまり、相手がいなければ稽古は成り立たないのです。
  • 竹刀を交えてもらえる事
  • 稽古を通して学べる事

に感謝の気持ちを持ち、相手ありきである事を忘れないようにしましょう。

打たせてもらう感謝

言い方が悪いですが、極端に言えば、剣道は竹刀で相手を叩く競技です。

腕や脇などに竹刀が当たって、痛みを与える事もあります。

もちろん、暴力的な意味でやっている方はいないですが、打突とは相手を傷つける行為でもあるのです。

そして、相手はそれを受け入れてくれるのです。

そんな相手に礼を欠いた行為はできませんよね。

打ってもらう感謝

最後に打ってもらう感謝というものがあります。

「打って反省・打たれて感謝」の後半部分になります。

自分の打突に対して、応じ技を決められた時には

  • 自分の打突を反省する
  • 弱さを知る
  • 相手を研究できる

などなど、自分自身が成長できるポイントが沢山あります。

これらを「教えてくれた」という気持ちを持つことが重要です。

闘争心を抑える

剣道は対人競技ですし、広く言ってしまえば格闘技です。

そのため、試合や稽古などでアツくなってくると、闘争心がむき出しになってしまう事も少なくありません。

闘争心がむき出しになると

基本的に対人競技には闘争心が必要です。

しかし、これが行き過ぎてしまうと

  • ただの打ち合い
  • 叩き合い
  • 相手を倒す事しか頭にない

という状態になってしまいます。

剣道らしい言葉で言うなら「剣の理法」「人間形成」とはかけ離れた状態になってしまうのです。

自分を制御して、このようにならないために、礼儀を大切にし、相手を重んじるというのが重視されています。

自己の成長

最後に自分の成長についてです。

「稽古を終えた時・1本取った時」に自分の剣道が完成するわけではありません。

稽古や試合を通して自分の弱さを知る事、そして剣道を突き詰めていく事こそが重要なのです。

自分への謙虚さを忘れない。

というニュアンスが近いかと思います。

【学科対策】剣道で礼儀を大切にする理由

「剣道で礼儀を大切にする理由」というのは昇段審査の学科でも良く出題されます。

ここからは、学科対策を説明していきます。

具体的には

  • 事前作成で提出型する場合
  • その場での回答する場合

の2つに分けて解説していきます。

自分なりの言葉で書くのが一番

ありきたりな回答を作るのも良いですが、本や記事の説明を読んで

  • 大事だと思った事
  • 共感したところ

というのをまとめて、自分なりに書いてみるのがポイントです。

学科で落ちる事は少ないから自信を持とう!

とはいえ、いきなり作るのも大変なので、少しアドバイスを付け足していきます。

事前作成で提出型する場合

事前に作成できる場合は、重要な所を押さえて作成していくのがおすすめです。

具体的なポイントとしては

  • 自分の弱さ
  • 相手への感謝
  • 闘争心を抑える

というものがあげられます。

特に「人間形成の道」「相手への感謝・尊敬の気持ち」というのを主張していくのがおススメです。

その場での回答する場合

その場の回答だと、焦ってしまったり、上手く言葉がまとまらない事があります。

そのため、大体どんな事を書くかの枠組みを作るのがおススメです。

具体的には

  1. 礼儀を大切にするのは「相手への感謝」
  2. 打たせてもらう事
  3. 闘争心を抑える事
  4. 人間形成の道において重要

のように、具体的な文章ではなく、概要を作るだけでも効果的です。

アドバイスをいくつか紹介しましたが、自分なりに感じた事・考えた事を書けるのが一番だと思います!