おすすめ剣道ゲーム5選【ゲームで剣道が上手くなる】

剣道雑記

剣道好き「剣道ゲームってないの?」
「ゲームで剣道上手くなったりしない?」

という方向けに剣道ゲームと、私がプレーして剣道が上達したゲームについて解説していきます。

この記事を書いている私は

  • 剣道歴15年以上
  • そこそこゲーマー

という人間で、1日10時間以上ゲームをする時もあります(笑)

おすすめ剣道ゲーム5選

では、早速剣道ゲームを紹介していきますが、以下の順に解説していきます。

  • 純粋な剣道のゲーム
  • 剣術系のゲーム
  • 剣道が上達したゲーム

純粋な剣道のゲームおすすめ【2選】

SIMPLE1500シリーズ Vol.99 THE 剣道 ~剣の花道~

純粋な剣道ゲームは非常に少ないので貴重ですね。

プレー可能な本体はPS・PS3です。

ゲームとしてはストーリーモード・対戦モード・CPU戦の3つができます。

対戦ルールは剣道に則って、基本的に三本勝負です。

対戦モードについて

面・小手・胴・突きの4種類の技や、フェイント・防御などあって、意外と高クオリティです。

CPU戦は運ゲーになりがちですが、対人戦であれば、読み合いがかなり面白いです。

固有技について

このゲームは固有技という「必殺技」があります。

これが本当に面白くて

  • ジャンプ面
  • 回転胴
  • 手からビーム

など、ぶっ飛んでます(笑)

ストーリーモードについて

ストーリーも中々で

  • 髪の毛入りのお守りをあげるヒロイン
  • 銃弾を防具で防ごうとする警官

などなど、いい意味でひどいです。

総評

そういった、ぶっ飛んだ剣道が許せない人には、お勧めできません。

とはいえ、私は好きです(笑)

六三四の剣 ただいま修行中

続いては大人気剣道漫画「六三四の剣」のゲームです。


プレー可能な本体はファミコンです。

ストーリーモード・対戦モードの二つができます。

上段・中段・下段の三つの構えが取れる事や、六三四の剣に準じた内容であるのが魅力です。

先ほどのようにぶっ飛んだ内容がないのもポイントです

剣道ではない剣術系のゲームおすすめ【2選】

正直剣道とは少し離れますが、「和風」と「侍」という所に注目しておすすめゲームを紹介します。

Ghost of Tsushima(ゴースト オブ ツシマ)

神ゲーと名高い侍ゲームです!

プレー可能な本体はPS4です。

オープンワールドゲームで、散策する日本の原風景がレベルが高すぎます。

ゲーム好きの方にはぜひともやってほしい作品になります。

*一部暴力的な表現があり、18歳以上対象なので注意

戦国無双 真田丸

もうすこし優しい雰囲気のゲームがいい人は「真田丸」がおススメです。

プレー可能な本体はPS3・PS4・PSVitaです。

タイトル通り、真田幸村の生涯をゲームで体験していくストーリーになっています。

剣道好きというよりかは、歴史好きにおすすめですかね(笑)

とはいえ、ゲームのクオリティも高く、まさに大河ドラマを見ているような錯覚を起こします。

剣道が上達したゲーム

最後は私が、実際に剣道が上達したと感じるゲームを紹介します。

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL – Switch

プレイ時間的には1500時間程で、ライトユーザーの中ではかなりやってる方かなと思います(笑)


スマブラは大乱闘したり、アイテムを使ったりして楽しむイメージをお持ちかと思います。

競技としてのスマブラ

私は競技としてのスマブラをしております。

完全な1対1でのアイテムなしのガチンコ対戦です。

世界大会等も数多く開催されており、スマブラはイースポーツ界でも非常に盛り上がるゲームなのです。

参考程度ですが、私の実力は上位数3%に入る位です!

とはいえ、剣道とはかけ離れてますよね。

ゲームで剣道が上達した話

ここからは、スマブラで剣道が上達したという、不思議な現象について細かく解説していきます。

具体的には以下の3点です。

  • 攻めについて
  • 読み合いについて
  • 速度について

順番に解説していきます。

ゲームと剣道の攻めの話

スマブラは「ガード・掴み・攻撃」などの3択勝負が生まれる事が多いです。

そして、それを癖を読む事や誘導する事で、勝負を有利に運ぶことが必要です。

この3択の読み合いや、誘導が剣道の攻めと似すぎているのです。

読み合いの具体的な説明は下の記事を参考にしてください。
>> 剣道が上手くなるには読み合いの理解が必須です【強くなれる】

スマブラの対戦中のような気持ちで相手を見たり、攻めを意識すると、強くなれるのを感じました。

ゲームと剣道の読み合いの話

先ほどの「攻め」の項目でも書きましたが、「じゃんけん」「癖や誘導」というのはずばり剣道の読み合いです。

スマブラは対人戦なので、相手の心や癖を読むことも重要です!

相手の癖を見破る力と、その隙をとらえる力というのは強さに直結します。

剣道でも、そういったチャンスを生かせる選手は強いのです。

それを知れた・鍛える事が出来たというのは大きな成果です。

ゲームと剣道の速度の話

格ゲーでは、1F(フレーム)という概念があり、これは映画の1コマの時間のようなものです。(大体1/60秒)

基本的に対戦中は、12F前後の動作は目で見てから、反応しなくてはなりません。

分かりやすく言うと

0.5秒間で相手の動きを目でとらえ、対処するのです。

0.5秒の世界を生きるというのは、まさに剣道ではないですか?

細かく話し出すと本当に止まらないので、この辺にしておきます(笑)

ゲームをやる事で剣道で強くなることがある?

そんなことを思いながら、今日もまたゲームをします・・・(笑)